医療用音声認識ソフト AmiVoice® Ex7 Path  病理

『AmiVoice Ex 7 Path 病理(アミボイス イーエックス セブン パス)』は
病理の診断レポート入力用音声認識システムです。

医療分野での導入実績 11,114施設以上 *2019年9月末現在の実績!
*株式会社アドバンスト・メディア正規代理店

販売実績13年!
売り切りではない安心サポート!!


  1. 不特定話者対応 声の事前登録が不要で誰でも簡単に利用可能
  2. 組織診、細胞診の専門用語に特化した辞書を搭載
  3. イントネーションやアクセントに影響されず98%の認識率を実現
  4. 音声での保存機能を活用し、所見確認も容易
  5. オプションのヘッドセットマイク、ワイヤレスマイク、フットスイッチでハンズフリーを実現
  6. メーカーを問わず各種電子カルテシステムに対応

組織診/細胞診の所見レポートの単語を登録した病理診断向けの音声入力システムです。
顕微鏡を見ながらの音声によるリアルタイムな所見の作成を実現し、マイクのオン/オフも音声で制御できるなど、病理診断医の業務環境にフィットする高い操作性をご提供します。
また、音声の『録音・再生・保存』機能の搭載で、研修医が負担無くレポートを完成させることが可能です。

音声で入力してレポートをスピード作成

顕微鏡から目を離さずに所見が書ける!

顕微鏡をみながらの音声によるリアルタイムな所見の作成を実現し、病理診断医の業務環境にフィットする高い操作性をご提供します。
また、音声の『録音・再生・保存』機能搭載で、研修医が負担無くレポートを完成させることが可能です。
医療用音声認識ソフト 病理

導入すると・・・
・キーボードのスキルが不要 → 入力が簡単で作業効率大幅アップ!
・顕微鏡をみながら入力 → 観察・思考が途切れることなく作業可能!
・音声による入力の気軽さ → 肩こりなどの身体的疲労を軽減!

対応業務
組織診/細胞診の所見レポート作成

AmiVoice Ex 7 Path 病理はここが違う!
・組織診/細胞診の所見レポートの単語を約15,000語搭載。
・音声とテキストを1つのファイルで排出。
・音声での保存機能を活用し、所見確認も容易。

動作環境

 OS :Windows® 10 / Windows® 8.1 / Windows® 8 / Windows® 7
各日本語版
Windows Vista は32bit環境に対応しています。
CPU : 1GHz以上のプロッセサ
メモリ : 2GB以上
HDD : インストール時3GB以上の空き容量
上記に加え、ユーザー1人あたりに付き100MB必要
USB : 1ポート以上の空き (ハンドマイク使用時)
CD-ROM ドライブ : (インストール時に必要)

*Windows 10 ・8 ・7 に対応
64bit OS (Windows 10・Windows 8・Windows 7 ) に対応
※ 64bit環境では、WOW64(32bitエミュレーター)で動作します。

標準価格(税別)
製品 720,000円
保守年間 72,000円
合計 792,000円

*製品仕様*
【1ライセンスパッケージ】
・インストールCD(1枚)
・USBハンドマイク 『SpeechMike Pro LFH3200』(1本) (コードの長さ:3m)
・マニュアル(1冊)

【Amivoice簡易マニュアル】

AmiVoice Ex7 簡易マニュアル1
AmiVoice Ex7 簡易マニュアル2
AmiVoice Ex7 簡易マニュアル3

*医療用音声認識ソフト AmiVoice Ex7 デモ機貸し出しは弊社までご連絡ください。